私達の日常生活に根付き、生活にあらゆる場面で便利に活躍をしているスマートフォン。
プライベート面においては、情報検索の圧倒的な効率性の高さによって調べごとをするのに大いに役立っていますし、専用のアプリによってコミュニケーションやエンターテイメントに大いに役立っています。



ビジネス面においても、文章の整理や編集などはもちろんのこと、クラウドを活用したパソコンとのデータのやり取りなどが大いに役立っています。



スマートフォンが大きく普及したことによって、スマートフォンの情報をターゲットとしたコンピューターウイルスの存在も確認されるようになりました。今やスマートフォンを使用する上でウイルス対策は不可欠なものとなっているのです。

セキュリティーシステムが充実しており、コンピューターウイルスに強いスマートフォンとしてiPhoneを挙げることができます。
スマートフォン向けのウイルスの主な侵入経路はアプリをダウンロードする際にアプリにウイルスが含まれており、そこから侵入するという経路になっています。iPhoneにアプリを導入する際は、専用のストアから導入することになるのですが、このストアのアプリは審査や管理が厳しいため、ウイルスが入り込む隙がないと考えられるのです。



またiPhoneのOSであるiOSは頻繁にアップデートが行われ、そのたびにセキュリティー機能も強化されています。

メジャーアップデートは一年に一度程度の割合で行われていますし、古い端末もアップデートの対象となっているので、一つの端末を安心して長く使い続けることができるのです。