一般の家庭に電話が普及した頃は、その電話を持ち歩き、街中で通話が出来るようになるとは誰も考えていなかったと思います。

有線により電気信号を伝えるそれまでの通話方式が、無線により電波となって通話が出来るようになり、携帯電話は世界中で飛躍的に普及したのでした。



その後、この携帯電話は様々な機能を持つ事となり、電話としての利用法以外にも手紙の代用としてのメール機能、カメラ機能やゲーム機としての機能、更には仕事上でも利用が可能な色々な機能、そして、インターネットの環境までも備えた携帯電話まで販売される事となったのです。

これらの機能を更に進化させたものの一つにiPhoneが有り、携帯電話の普及当初から比較して、使用する電波帯が変更された事による膨大なデータの送受信が可能になったことで、そのiPhoneの機能はますます充実したものとなったのです。
2007年、アメリカのアップル社によって開発された当初、このiPhoneは音楽データの再生と携帯電話による通信機能、そして、インターネットの利用やメールの送受信を一つの端末で行う事を可能にしましたが、その後の進歩により、また、インターネットの回線を利用した様々なアプリの開発により、現在では更に多くの機能を利用できる事となりました。



内蔵されたカメラの性能は格段に向上し、ラインと呼ばれる全く新たな通信手段の開発、そして、様々なデータの取得を簡単に取得できるアプリまで、その進歩もさることながら、今後の可能性は更に大きなものを秘めているのです。