現代の私達の生活にすっかり根付き、ビジネスやプライベートを問わずに欠かすことのできるものとなっているデジタルガジェット。
その代表的なものがスマートフォンであり、タブレット端末となっています。
スマートフォンやタブレット端末はここ数年の間に一気に普及し、今や現代人の必須ツールとなりました。

いつでもどこでも素早くインターネットに接続ができるので、情報検索の効率性が大幅に向上しましたし、専用のアプリの登場によって端末の優位性と利便性が大きく進化したのです。



日本で馴染み深く、多くの人に利用されているスマートフォン・タブレット端末はそれぞれiPhone・iPadとなります。

どちらの端末もアップル社が開発・販売している製品であり、日本でも高い人気を誇っています。
iPhoneにしてもiPadにしても日本の大手3大キャリアで取り扱いをしており、どちらも契約をして使うことができます。

iPhoneとiPadは共に基本ソフトとなるOSも同じiOSとなっています。

この2つのデバイスの大きな違いはどのような点にあるのでしょうか。最も大きな違いは電話番号が与えられ、電話回線による音声通話が可能かどうか、という点、そして本体のサイズにあります。

iPhoneは携帯電話の一種ですので、携帯しやすいように比較的小さいサイズであり、電話機として音声通話が可能です。


一方でiPadは電話機ではなくコンピューターの一種となるので、電話番号は付与されませんし、本体サイズは比較的大きくなっています。



これらの違いをよく理解して、シーンに応じて適切なデバイスを使い分けると良いでしょう。