人気のスマートフォンであるiPhoneを買ったものの、どのように使いこなせばいいのかわからない方も多いかもしれません。

iPhoneは購入時のまま使い続けてもいいのですが、アプリと呼ばれるソフトウェアをインストールすることでより便利に使えるようになります。
自分のスタイルに合ったアプリを入れて、毎日の生活で楽しく使いましょう。iPhoneで使えるアプリは、App Storeと呼ばれるAppleが運営するサイトからダウンロードできます。


端末本体にこのサイトにアクセスするためのアプリが標準で入っているので、まずはそこからアクセスして欲しいアプリを見つけるようにします。



アプリの数は非常に多いので、人気アプリのランキングから目を通すのがおすすめです。

このランキングではダウンロードされた数の多い順に表示されており、いかに便利な機能を有したアプリであるかが一目でわかるようになっています。



ランキングの中から目についたアプリの説明を読み、使ってみたいと思ったならダウンロードしてみましょう。



ダウンロードする際には、無料であるか有料なのかを確認するようにします。

無料のアプリは1円も払うことなく使えますが、有料アプリの場合には代金を払わなくてはいけません。
最初のうちは無料アプリだけをダウンロードするようにして、アプリの使い方に慣れてきたら有料アプリを購入するようにするとよいでしょう。

また、ダウンロードしたアプリは、いらないと思ったら簡単に削除できます。アプリが多すぎると使いづらくなるので、こまめに整理しておくのが秘訣です。